キャッシング以外でお金作る【方法】

キャッシング以外でお金を作るには、大手金融機関では債務超過で借りれない、配偶者の同意を得られない主婦などお金の借りれない方への情報です

 
↓↓自己アフィリでお金を得る↓↓
アフィリエイトのアクセストレード

大手消費者金融で借りれなくても中小消費者金融なら借りれる

2017年07月04日 10時58分

カードローンで借入をするには審査に通らなければなりません。
最近ではインターネットで簡単に申し込める気軽さはあり、Web明細利用で郵便物もありません。
信用を推し量る審査があり、それに落ちたら、その場で借りることができません。

中小消費者金融でもインターネットの時代

大手消費者金融ではない中小消費者金融は、審査が甘く借りやすいです。
カードローンの商品を扱うところはまだ少ないのですが、申込だけはインターネットでできるところもあります。
ホームページのある中小消費者金融限定ですが、電話だけではなく、大手消費者金融のようにWEB完結でキャッシングも可能です。
だからといって、審査が厳しくなることがないのも魅力です。
ですから、大手消費者金融などのカードローン以外で借りたい方は、借入先を中小消費者金融にすると良いでしょう。

大手消費者金融の審査落ちの原因が多重債務

大手消費者金融の審査では、多重債務や債務整理では借入ができません。
審査基準の借入限度額内の多重債務は良いのですが、債務整理ではある程度期間を過ごしていないと借りれません。
中小消費者金融の多重債務では、他社借入件数が4社程度でも総量規制限度額の余裕のある部分での貸付が審査されることになります。
もし契約をしたとしても初回融資額は5万円未満、せいぜい10万円未満になることが多いです。
それ以上の余裕があったとしても、個人信用情報の信用がないため少額になります。
大手消費者金融では、借入件数も金額も少なめでなければ審査は通りません。

カードローンのように気軽なキャッシングはできませんが、今必要な希望融資額を手にすることができます。
中小消費者金融の借り方としては、必要分だけの借入です。

借入残高が大きいと審査落ち

東京スター銀行、アイフル、アコム、プロミスなどの審査の厳しい審査では、借入状況が悪いことが原因では借入限度額に達していてなくても借入はできません。
この時、他社に借入があるだけでも原因になります。
また、そのカードローン利用者で頻繁に借りたり、短期間で限度額に達してしまうような借り方も審査落ちの可能性が高くなります。
カードローンは借りやすいですが、審査落ちもしやすいです。
たまたま調子にのって多重債務、審査に通るのであっという間に3社となると、大手消費者金融も銀行カードローンもダメです。
申込の前に診断ができるページで借入枠が残っていても、借りれないので、あちこちに申込はしないことです。
返済状況が悪い上に何度も申込をしてしまうと申込ブラックになり、それだけで半年間審査落ちのペテルティが増えます。
消費者金融の総量規制、銀行カードローンの限度額は返済を順調にしている方にとっては、その数字までも借りることはできます。
ただし返済で少し躓いた方については、いきなり、それ以上の借入がストップ、ブラックになってしまいます。

中小消費者金融であれば審査がゆるい

カードローンは限度額があるのだからその範囲内は自由な出し入れとよく言われることです。
しかし、返済が延滞したり、その原因が多重債務であったり、ということは個人信用情報を確認すると、すぐに判明します。
審査では、その内容も確認します。
今ここで借りたい目的がバレバレなのですが、これまできちんと返済していない方については、改善がない限り借りられない状態が続きます。
そこで、多少信用が落としても返済能力があれば対応してくれる中小消費者金融の存在です。

多重債務の借入枠が極端に高くない、総量規制範囲内、返済が出来るだけの収入があることが大前提ですが、他社借入件数があり、借入合計額が審査基準内であればOKです。
この時に債務整理後であっても審査通過率は高いのがメリットです。
ただし、初回最大10万円までが中小消費者金融の相場です。
貸付に際しては、返済の実績がブラックであればあるほど、多くの貸付はしていないです。
カードローンのように限度額を決める貸付方法ではなく、希望額だけを貸す形の業者です。
大手消費者金融とは内容が違うのは当然です。
 
↓↓自己アフィリでお金を得る↓↓
アフィリエイトのアクセストレード