キャッシング以外でお金作る【方法】

キャッシング以外でお金を作るには、大手金融機関では債務超過で借りれない、配偶者の同意を得られない主婦などお金の借りれない方への情報です

 
↓↓自己アフィリでお金を得る↓↓
アフィリエイトのアクセストレード

銀行以外で借金ができるところ

2018年06月14日 12時14分

  1. 銀行以外と言えば、消費者金融の存在です。
  2. 銀行カードローンが絶対に良いけれど
  3. 銀行カードローンから一気に中小消費者金融?金利は高い
  4. 銀行でお金を借りる、消費者金融でお金を借りる
  5. 銀行だけがお金の借りられるところではない
 
 

銀行以外と言えば、消費者金融の存在です。

カードローンと言えば、銀行と消費者金融があります。
どちらが借りやすい、どちらが良いというのは個人差がありますが、大手消費者金融などはCMも行っていて、身近な存在です。
 

消費者金融カードローン

プロミスやアイフル、モビットなどは、◯◯銀行グループ傘下の消費者金融のカードローンです。
反対に、三井住友銀行カードローン、楽天銀行カードローンなどは、銀行が行うカードローンであり、内容が少し違います。例えば、プロミスのカードローンですが、大手消費者金融プロミスは現在、三井住友銀行グループです。その消費者金融部門がプロミスであり、経営も三井住友銀行ではなく消費者金融です。

しかし、三井住友銀行では、三井住友銀行のカードローンも存在していますが、プロミスとは違う立場です。
銀行のグループ傘下に入ったことで、一見複雑ですが、消費者金融は消費者金融であり、キャッシングは消費者金融の貸金業法内での内容になります。銀行カードローンと審査内容も違います。
 
 

プロミスでかりる

プロミスのカードローンは、三井住友銀行グループというだけで、金融業者はプロミスです。
そして、消費者金融カードローンという分類です。
三井住友銀行で借りるのではなく、店頭と言えばプロミスであり、自動契約機もATMもあります。
ただし、金融機関の利用では、セブン銀行や三井住友銀行のATMの利用も可能です。

使い勝手の良い消費者金融カードローンは、セブン銀行での利用が可能で、24時間対応という事になりました。
これがほぼ全国で対応ということで、プロミスなどの大手消費者金融のカードローンの利用は非常に便利です。
 

消費者金融で借りる

消費者金融も、大手消費者金融と中小消費者金融があります。
銀行ではない金融業者であり、大手と中小の対応も審査基準も大きく変わってきます。
簡単に言えば大手は厳しい、中小は甘い審査が注目されています。
いずれも審査内容で、借入件数、総量規制、収入の有無などが問われることになります。

こんな内容では審査落ちという情報は、利用者の口コミサイトに詳しいですが、収入があって、総量規制範囲内のキャッシングしかできません。また、事故情報は大手消費者金融ではすべて審査落ちで、中小消費者金融が狙い目です。ただし、限度額である総量規制範囲内しか借入ができないので、多重債務者は自分の総量規制を知ることです。

審査が甘いと言っても、無審査の闇金ではないので、審査落ちはあります。
ですが、中小消費者金融は怪しい金融業者ではないので、安心して申込ができます。
 
▲メニューに戻る
 
 

銀行カードローンが絶対に良いけれど

絶対に消費者金融の借入をしたくないという方もいます。
審査の問題よりも、限度額です。
カードローンでは、銀行も消費者金融もありますが、限度額は銀行の方が高いです。
 

消費者金融と総量規制

消費者金融では、利用限度額は総量規制です。
年収の3分の一ですが、銀行の限度額はもっと高いです。
最近では、総量規制に合わす動きも見られますが、まだ多く借入が可能です。

銀行カードローンの限度額では、最高500万円という多額な数字ですが、金融機関のカードローンでは銀行法の対応であり、楽々キャッシングができる。だから、消費者金融の総量規制に縛られたくないということなのです。
順調に返済ができる方なら、この限度額の高さは魅力の一つです。
 
 

ところが最近は…

2017年から、銀行カードローンの債務整理者の急増が問題になっています。
以前は、消費者金融での自己破産者などが多かったのですが、総量規制などの貸金業法の制定で、返済できない金額の借入ができなくなってしまっています。

しかし、銀行ではまだ多くの借入ができ、おまけに返済ができている方にはどんどん貸してくれるという対応で、返済ができなくなってしまう方が急増している背景があるのです。ですが、収入が安定していて、債務整理に陥らない方にとっては、どんどん貸してくれる貸金業者としての銀行はありがたいです。
 

事故情報が引き金

そんな銀行でも、事故を起こした方には厳しいです。
返済が遅れた、借り過ぎの申込などです。
身の程知らずの申込者に対しての銀行の審査は厳しいです。

そして、審査落ちになったしまった場合、しばらくの間は、銀行カードローンができない、個人信用情報に事故記録が残ります。これがブラックであり、5年間程度借入ができないのです。
 
 

銀行カードローンの1度の過ち

この銀行カードローンのブラック情報は、後の信用情報に残るものです。
では、そのブラックで消費者金融に移行、仕方ないということになりますが、そのときには大手消費者金融では困難な審査です。大手消費者金融では、銀行カードローンとは別の審査ですが、金融事故には敏感です。

消費者金融系カードローンの審査対象では、事故の方の審査通過はないですから、中小消費者金融の利用が適当でしょう。銀行カードローンより、大手消費者金融の方が審査は甘いと言われていますが、ブラックになってしまった方の場合は、ほぼ同等の審査落ちです。しかし、総量規制範囲内であれば、中小消費者金融のキャッシングが可能になります。
 
▲メニューに戻る
 

銀行カードローンから一気に中小消費者金融?金利は高い

大手消費者金融より銀行カードローンが良いという意見の中に、金利があります。
銀行カードローンの方が、低金利なのです。

多く借りれば、キャッシングで10%以下になるというメリットが大きいですが、消費者金融と銀行の金利差3%前後と言うのは本妻に大きく響きます。
 

銀行は楽

銀行カードローンでは、振込や返済など、口座があればすべて用がたせます。
その上消費者金融より金利が低いのであれば、魅力は当然です。
最近では、実店舗がないネット銀行などもあり、パソコンやスマホ1つですべて管理が可能。
その手軽さでも、大手消費者金融より銀行カードローンを選択する理由が納得です。

ちなみに、楽天銀行カードローンでは、返済のたびにポイントサービスとか、得した気分。
そして、たまに金利半分キャンペーンなどもあり、借りやすさも抜群です。
わざわざ大手消費者金融に行く?という言った感じです。

そして、専業主婦の味方なのが銀行カードローンです。
50万円以下ですが、私は専業主婦という立場でのキャッシングができるのも銀行カードローンだけです。
中小消費者金融では、配偶者貸付ができますが、それではダメなのという専業主婦にとっては、銀行カードローンでなければならないのです。銀行カードローンさまさまと言った所です。
 
 

銀行系カードローンの審査

ところが、金融事故などがあると借りれない。
利用限度額が大きいけれど、審査が厳しいのです。
ホームページでは簡単に書いてありますが、実際は消費者金融の審査が甘いです。
限度額も総量規制と決められていることが多い、金利も高いので当然ですが。

銀行カードローンの審査が通らない、大手消費者金融で通った。
このような方は多いですが、銀行カードローンも大手消費者金融も借りられない方もいます。
理由としては、他社借入が多いとか、利用者の収入が低いのに多額の申込とか、ローンができないなど信用情報の問題もあります。
 

大手消費者金融でNGなら中小消費者金融

そこで、中小消費者金融です。
ところが、中小消費者金融は大手消費者金融よりも、金利は高いです。
銀行カードローンより5%増の金利になってしまう場合もありますが、審査は甘いことが期待できます。

妥協点として、審査にとにかく通ること。
返済負担は大きくなりますが、中小消費者金融で借りれない方もいます。
しかし、銀行カードローン審査落ち後の選択としては、中小消費者金融が存在しています。
総量規制範囲内ですが、金融事故があっても借りれるブラック利用者も多いです。
 
▲メニューに戻る
 
 

銀行でお金を借りる、消費者金融でお金を借りる

銀行の融資と言えば、住宅ローンやカーローンと言った目的ローンですが、最近ではカードローンも一般的です。
消費者金融系カードローンと同じ使い方ができますが、消費者金融会社の審査も内容も少し違います。
学生や専業主婦なども受け入れますが、保証会社の保証が受けられる方のみという審査は厳しかったりします。
 

審査は厳しいはずだけど

信用と言うのは不思議なもので、目的ローンなどで一定の返済をしたり、1つの銀行で長い付き合いをしていると、キャッシングのサービスが付くことがあります。

これは、あえて申込をしていないのに、キャッシングはどうですか?というお伺いです。
この銀行のサービスでは、自分の信用情報が良くなったと判断して良いのですが、悪くない話しです。
 
 

金融会社は多い

銀行は、信用があれば借りられると見て良いのですが、大手消費者金融なども同じです。

消費者金融カードローンなどの申込では、信用情報で特段事故がなければ即日融資も可能です。
総量規制範囲内ですから、年収が低い方は低いキャッシングしかできないのです。
返済で滞納がない限り、いつまでも新規キャッシングも可能です。
保証会社がない消費者金融では、独自の審査です。
 

学生ローン

消費者金融では、学生を対象にした学生ローンもありますが、これはカードローンとは違います。
保証人として親の収入が関係します。

あくまでも学生の身でありながらということが問題になりますが、19歳でもokです。
消費者金融カードローンでは、親は無関係でバイトなりの収入が必要で、20歳以上が対象です。
保護者欄などはなく、自分が契約者で保証人不要、学生だけど社会人扱いです。
学生ローンとカードローンは別物であり、どちらかというと目的ローンの内容です。
教育ローンは、契約者が学生では20歳以上の収入がなくてはなりません。
キャッシングのようなもので、学生ローンではないです。
 
 

銀行も消費者金融もお金を貸してくれる

さまざまな商品提供がある銀行や消費者金融ですが、消費者金融では総量規制範囲内のキャッシングが主です。
銀行では◯◯ローン商品がありますが、身分によって、対象者も変わります。

しかし、契約の審査においては、キャッシングだけではなく、各種ローンでも審査は厳しいです。
その分金利が低いというのもありますが、保証会社の存在も大きいです。
債権者が銀行としては、低い金利だけど完済ができることが保証されないとNGということです。
カードローンでは、保証人などもないのですが、一応消費者金融よりも審査は厳しいです。
 
▲メニューに戻る
 
 

銀行だけがお金の借りられるところではない

銀行以外でお金を借りるのに、消費者金融は回避したい。
カードローンではなく他の方法はない?
 

金融会社からお金を借りる

金融会社は消費者金融と見て良いでしょう。
キャッシングも融資も同じであり、銀行の場合は、カードローンが主流になっています。
場合によっては、不動産担保ローンのように不動産を担保にして資金調達とありますが、キャッシングとは違います。保証人や担保があるのはカードローンではないのです。

お金を借りられるというと、保険会社があります。
解約返戻金がある生命保険に入っていると、積立金を借りる事ができます。
自分の保険ですが、たまった積立金から借りる形で引き出すことができます。
すべて使ってしまうと、積立金がゼロで借りれるけれど、要は自分のお金です。
不動産担保ローン同様に、生命保険を担保にした形です。
同様に定期預金などの貸付金もあり、こちらは低金利になっています。
 
 

妥当なのは消費者金融

消費者金融系カードローンでは、総量規制で限度額が年収3分の一となっています。
少ないようですが、返済に無理がない限度額とされています。銀行で融資がされない(会社の運転資金以外)の場合は、大手消費者金融などの簡単web契約のカードローンが一般的です。

ただ、住宅ローンや教育ローンなどの目的がある場合は別です。
キャッシングとは違い、審査も変わってきます。
消費者金融などでも、自動車ローンなどの扱いがありますが、銀行と比較をして審査は甘いですが、金利は高いです。自己破産などの債務整理をした方は、5年以上経たないと借入ができないなどの制限もあります。
 

銀行は敷居が高い

銀行以外のキャッシングが嫌といっても、審査に通らなければ、話しにならないです。
銀行の審査は厳しいですから、大手消費者金融で借りれるのに、銀行カードローンはNGと言う方も多いです。
他社借入などがある方は、審査の厳しさは増すばかりですが、銀行カードローン、大手消費者金融もNGの方は、中小消費者金融もあります。

消費者金融は回避したいと言っても審査落ちなら、最後の砦は中小消費者金融です。
こちらもカードローン、不動産担保ローン、カーローンなどもありますが、金利は大手消費者金融よりも高いです。しかし、利息制限法の関係で20%以上になることはないので、計画的なキャッシングもできます。

お金を借りる金融会社は、日本全国にあります。
インターネットで申込もできますが、正規金融業者や闇金もありますから、必ず確認して口コミなどを見てから申込をしてください。
 
▲メニューに戻る
 
 
↓↓自己アフィリでお金を得る↓↓
アフィリエイトのアクセストレード