キャッシング以外でお金作る【方法】

キャッシング以外でお金を作るには、大手金融機関では債務超過で借りれない、配偶者の同意を得られない主婦などお金の借りれない方への情報です

お金がない キャッシング

2018年03月29日 11時13分

  1. お金がない時のキャッシングは消費者金融を利用してみよう
  2. お金がない!生活に困っている人にオススメのキャッシング
  3. お金がなくて絶対キャッシングをしたい時の申込みに注意すべきポイント
  4. お金がない!キャッシングしたい人向けの消費者金融選び方のコツ
  5. アルバイトでお金がない!利用できるキャッシングは?
 

 

お金がない時のキャッシングは消費者金融を利用してみよう

お金がピンチで困ってしまった、
そんな時は、消費者金融のご利用を考えてみませんか。

はじめて、消費者金融をご利用する人は、
不安に思われるかもしれません。
しかし、最近の消費者金融は、便利な業者ばかりですよ。

消費者金融のオススメポイントなど、ご紹介していきます。
 

お金がない時のキャッシングは消費者金融

お金がない時の、
手っ取り早いキャッシングは、消費者金融が、便利ですよ。

TVCMなどで見かけるアコムやモビット、
あのような金融業者を、消費者金融といいます。

お金が足りない時に、キャッシングできる便利なポイントは、
即日融資ができる、消費者金融が多いことです。

緊急でお金を工面したい場合は、
すぐに、お金の都合が付くのでとても便利ですよ。

そのため、飲み会のお金がない、旅行のお金が足りないなどの、
ごく普通の理由にも、消費者金融をご利用する人も増えています。
 
 

消費者金融の便利なポイント

即日融資の他にも、
消費者金融のメリットは、これらがありますよ。
 

申し込み方法が簡単

消費者金融の手軽な部分といえば、申し込み方法が簡単ということです。

ほとんどの消費者金融では、
インターネットでの申込を行っており、
24時間365日、いつでも申し込みができます。

インターネットでの申込なので、パソコンやスマホ、
タブレットなどインターネット環境であれば、
どんな方法でも、申込ができます。

仕事中や家に居る時、寝る前などいつでも申し込みができますよ。

プロミスは、申し込みから契約までネット完結にすることができ、
とても便利に、申込から融資まで行うこともできます。

他の消費者金融も、
ネットのみでの申し込みですので、とっても便利ですよ。
 
 

審査基準は割と低い

キャッシングとなると、審査基準が気になりますよね。

全員が審査に通る訳は有り得ないので、
お金を工面したくても、審査に落ちるようではガッカリですよね。

消費者金融の審査は、
銀行カードローンと比べると、審査に通りやすいです。

銀行は預金などの、他の商品もあり融資がメインではないので、
本当に、信用できる相手にしか融資しません。
そのため、審査基準が高めです。

消費者金融は融資のみで営業している企業ですので、
数多くの人に融資をしてたくさんの利息を得ないと、
企業として成り立っていきません。

そのため、審査基準は銀行カードローンよりも低く、
多くの人に、貸し出そうとします。

銀行でお金を借りた方が、無難と思うかもしれませんが、
銀行系カードローンの場合は、本当に属性のいい人にしか融資しません。

職業や年収もトップクラスじゃないと、審査の対象とはなりません。

そのため、消費者金融からのキャッシングの方が、
間違いのないキャッシングといえるのです。
 

無利息期間のキャンペーンをやっている場合がある

消費者金融では、無利息のキャンペーンを行っている場合があります。

アコムの無利息キャンペーンは有名であり、
契約から30日間は、無利息でご利用できるなどのサービスがあります。

お金を借りるというのは、当然利息がかかって当然です。
そんな利息がかからない期間があるなんて、
お金を借りる上では、本来考えられないことですよね。

そのため、消費者金融の無利息キャンペーンのみを使って、
無利息で、融資を受ける人も少なくありません。

無利息期間は消費者金融のホームページに、
記載していますので、チェックしてみるといいですよ。

無利息でキャッシングできるなんて、
こんなに便利で、都合のいいものはありません。
 
 

大手消費者金融は提携ATMのご利用ができる

大手消費者金融は、提携ATMでのご利用ができます。
セブン銀行など、身近なATMでご利用ができますよ。

コンビニで気軽にキャッシングができるので、
お金がピンチの時に、助けてくれます。

コンビニと提携している消費者金融であれば、
全国どこでも、使うことができます。

旅行先や出張先でも、便利にご利用できますよ。
 

繰り返しご利用ができる

消費者金融は、限度額の範囲内で、繰り返しご利用ができます。

1度っきりの融資ではないので、
困った時に、助けてもらえますよ。

そのため、何かあった時のために、
1社契約しているなんていう人も、少なくありません。
 
 

残念ながらデメリットもある

残念ながら、消費者金融にはデメリットもあります。

消費者金融ご利用の際は、
デメリットも把握した上で、ご利用を検討しましょう。
 

金利が高い

金利は、銀行カードローンより高めです。
銀行の金利と比べると、4%くらい違います。
この金利の差は、審査の甘さの差といえます。

銀行は信頼できる相手にしか融資しないので、
低い金利で、融資をします。

しかし、消費者金融は多くの人に融資する傾向があるので、
審査が甘めな分金利は、高めとなってしまいます。

お金がない時に気軽にキャッシングできるので、
やむを得ないとも、いえるでしょう。
 
 

融資金額は少なめ

審査が甘い分、融資金額は少なめとなってしまいます。

ほとんどの消費者金融の場合、50万円程度が限度となっております。
それ以上の融資は審査が厳しくなりますので、
50万円が限界と、思うようにしましょう。

また、少しでも属性や債務性が低い場合は、
融資金額は、もっと少なくなってしまいます。

30万円や中には10万円という場合もあり、
大きな融資金額に、みちびくことができないこともあります。

審査が甘めで、審査に通りやすい金融業者ですので、
仕方ないといえるでしょう。
 

ついつい使い過ぎてしまう

消費者金融は提携のATMがあったりなど、
便利にご利用出来る、消費者金融が多くあります。

その影響により、ついつい使い過ぎてしまう人も多いようです。
 

総量規制の対象となる

消費者金融は、総量規制の対象となります。
年収の1/3以下しか融資できないという、決まりです。

そのため、年収が少ない場合は、
借入れできる金額も、低くなるということになります。

いかがでしたでしょうか。

お金がない人がキャッシングしたい場合は、
消費者金融のご利用が、オススメですよ。

デメリットはありますが、お金がなくて困っている時は、
割と早めに助けてくれるので、助かりますよ。
 
▲メニューに戻る
 
 

お金がない!生活に困っている人にオススメのキャッシング

お金がなくて生活に困っている、
そんな人は審査基準の低い、金融業者のご利用を、
対処法として考えてみませんか?

審査基準の低い金融業者なら、
間違いなくキャッシングへと、みちびくことができますよ。

オススメの審査基準の低いキャッシングとは、
どのようなキャッシング方法なのか、まとめてみました。
 

お金がなくキャッシングしたいなら審査基準の低い金融業者を

お金がなく困っている人は、
審査基準の低い、金融業者のご利用がオススメですよ。

キャッシングには審査がありますので、
間違いなく審査に通るとは、限りませんよね。

お金がなくて切羽詰まっているのに、
審査に通るのか微妙なところに、チャレンジしている暇はありませんよね。

審査基準が低い金融業者で、
間違いのない、キャッシングに繋げましょう。
 
 

規模が小さい消費者金融会社は融資を受けられる可能性大

お金がなくてキャッシングをしたい時は、
規模が小さい、金融業者のご利用を考えてみましょう。
いわゆる、街金という金融業者です。

街金と聞くと怪しい業者と思う人もいるようですが、
街金は、怪しい業者ではありません。

消費者金融会社の中では、
規模の小さい消費者金融であり、小さい企業ながら、
細々と、貸金業を行っている金融業者です。

消費者金融の中でも規模が小さいので、
低いベレルの、審査基準を行ってもらえます。

そのため、審査に通る可能性が高いといえるのです。
 

多少債務性や属性が良くなくても審査の対象になる

お金がなくキャッシングしたい人の中には、
債務性や属性が、良くない人もいると思います。
そうなると、中堅消費者金融の審査も落ちてしまうこともあります。

小規模の消費者金融は、
利用者の置かれている状況なども、
くみ取って、審査の対象としてくれます。

そのため、多少債務性や属性が良くなくても、
審査の対象としてくれることがあります。

例えば、ブラックリストに載っているのだけれど、
それが今ではなく、少し前のことであれば、
審査に通してくれる業者もあるようです。

大手や中堅には無い審査の柔軟さがあるので、助かりますよ。
 
 

手渡しで即日融資になることもある

小規模の消費者金融の中には、
対面与信で、審査を行う消費者金融もあります。

対面与信とは、消費者金融の店舗に直接出向いて、
面と向かって審査を受ける方法です。

面と向かって審査を行うので、
審査が終了したその時点で、融資をしてくれることもあります。

そうなると、銀行営業時間外でも、
即日融資につなげることもできますよ。
 

規模が小さい消費者金融会社は不安?

先程も書きましたが、
規模が小さい消費者金融は、不安と思う人も多いようです。

規模が小さい金融業者となると、
闇金のような、悪徳業者を想像してしまうようです。

正規の小さな消費者金融は、
貸金業の許可を持っている、金融会社です。

そのため、貸金業にのっとった融資をうけることができます。

闇金は、貸金業の許可番号を持っていません。
この差で、悪徳業者なのかどうかを、区別するといいですよ。

消費者金融のホームページには、
貸金業の許可番号を掲載することを、義務付けています。

そのため、小さい規模の消費者金融をご利用の際は、
ホームページで、貸金業の許可番号の掲載を確認しましょう。

トップページの下の方に、
記載していることが定番ですので、確認しましょう。

ホームページに貸金業の許可番号が、
記載されていなければ、闇金などの悪徳業者です。

このように、正規の消費者金融かどうかは、
簡単に見抜くことができるので、安心してご利用ができますよ。
 
 

評判が高くランキングに載っている小規模消費者金融を選ぼう

規模が小さい消費者金融ですと、やはり不安に思いますよね。

ご利用しやすい、小さい消費者金融を選ぶポイントは、
ネット上で評判が高く、ランキングに載っている消費者金融です。

小規模の消費者金融の口コミなどの評判を見てみると、
似たような消費者金融の名前ばかりを、見受けられます。

また、小規模消費者金融のランキングを見ても、
似たような消費者金融の名前ばかりを、目にします。

そのようなよく目に付く消費者金融は、
小規模でも安心して、ご利用できる消費者金融といえます。

小規模の消費者金融の口コミや評判、
ランキングはインターネット上に多く掲載されていますので、
目を向けてみるといいですよ。

いかがでしたでしょうか。

規模が小さい消費者金融も、
顧客の獲得のために、積極的に審査や融資を行っています。

お金がなくて確実にキャッシングをしたい場合は、
規模の小さめの消費者金融に、目を向けてみるといいですよ。

特に緊急度が高い人には、小規模消費者金融系はおすすめですよ。
 
▲メニューに戻る
 
 

お金がなくて絶対キャッシングをしたい時の申込みに注意すべきポイント

お金がなくて絶対にキャッシングをしたい場合は、
審査の時に、失敗するわけにはいきません。

そのため、確実に審査に合格するように、
申し込みをしなければいけません。

確実にキャッシング審査に通るために、
目を向けるべきポイントを、ご紹介していきます。
 

お金がない場合のキャッシングは絶対に失敗してはいけない

お金がなく、困っている時に受けるキャッシング審査は、
絶対に失敗してはいけないですよね。

そのため、確実に審査に通って、
資金をゲットしなければいけません。

必ず審査に通るためには、
審査する側が、歓迎できる内容じゃなければいけません。

逆の立場になって、審査の対象にできる内容を、
考えてみるといいですよ。

間違いなくキャッシングの審査に通るよう、
完璧な申込としましょう。
 
 

間違いなくキャッシングの審査に通るポイント

間違いなくキャッシングの審査に通るためには、
以下のポイントが、原則となります。
 

個人情報の書き間違いをしない

意外とよくあることといえば、
申し込みの際の個人情報に、書き損じです。

自分のことなのに描き間違えるのか?
と思うかもしれませんが、急いで書いているのか、
間違って記載して送ってしまう人も少なくないようです。

個人情報を間違って書いてしまうことは、
虚偽となってしまいますので、審査落ちとなってしまいます。

うっかりの間違いでも、
審査の対象としない消費者金融は多いので、
気を付けるようにしましょう。

申込の際はぜっぱ詰まらず、
時間をかけて何度も見直して、大丈夫なのかの確認をしましょう。
 

在籍確認が取れない

これも良くある話なのですが、
勤務先に在籍確認のための消費者金融側が、
電話をしても、なぜか在籍確認できないというパターンです。

最近は派遣社員や契約社員の人が多いせいか、
在籍を把握されていない、職員の人もいるようです。

派遣社員や契約社員、工場で多くの人たちと働いている人に、
きちんと、在籍確認出来ない傾向があるようです。

そのような人は、事前に会社の電話に出る担当者の人に
「クレジットカードの在籍確認がくつ」と伝えておくと、
スムーズに電話をつなげてくれますよ。
 
 

希望借入金額を多く言わない

希望借入金額を多く伝えると、審査に通らないことがあります。

希望借入金額は、その人の収入に似合った金額じゃないといけないので、
あまりにも、かけ離れている場合は、審査の対象となりません。

また、収入に似合っていない、高い希望借入金額を申請してくる人は、
お金に困っている人と、判断されてしまう場合がります。

間違いなく審査に通るためには、
最初は10万円ほどの、希望借入金額を伝えるようにしましょう。

10万円では少なすぎると思うかもしれませんが、
ほとんどの職業の人でも、10万円の希望借入金額であれば、
妥当と判断してもらえますよ。

消費者金融は後に増額申請というのがあり、
真面目に支払いをしていると、半年くらい後に、
増額申請といって、融資金額の増額ができるようになります。

増額申請の際に徐々に増額していき、
理想の融資金額にしていく方が、利口となります。
 

他社借入れの遅延や延滞はなくす

消費者金融の審査は甘めですが、
他社借入れの遅延や延滞は、ひどく嫌います。

そのため、他社借入れの遅延や延滞がある場合は、
審査には通りません。

消費者金融の審査を受ける際は、
他社借入れの遅延や、延滞状態を改善しておくようにしましょう。
 

他社の借入れを隠してはいけない

他社からの借入があるのに、
新規の消費者金融の審査の際に「ない」といってしまう人もいるようです。

他社からの借金は、
無いことに越したことはありませんが、嘘はよくありません。

他社のご利用は、
個人信用情報の確認をするので、すぐにバレてしまいます。

嘘をつくような人に融資はしないので、
審査落ちとなってしまいます。

他社からの借入がある場合でも、正直に伝えるようにしましょう。
他社から2社の借入があっても、
審査の対象とする消費者金融は多くありますよ。

ですので、正直に伝えるようにしましょう。
 
 

複数の消費者金融に申し込まない

お金がなくキャッシングしたい場合は、
1社に申し込むだけで、果たして審査に通るのか、
不安になる人もいると思います。

そのため、一気に何社かに申し込んだ方がいいと思うかもしれません。

しかし、消費者金融には「申し込みブラック」というのがあり、
1か月の間に3社以上申し込んでしまうと、
申し込みブラックとなってしまい、審査落ちとなってしまいます。

そのため、1カ月の間には、
2件までの申し込みとしなければいけません。

しかも、申し込みブラックというのは、
個人信用情報に残ってしまい、半年間は残ってしまいます。

個人信用情報機関に、申し込みブラックの記載があるうちは、
審査落ちとなってしまいます。

半年間はどこの消費者金融でも、
審査に通らなくなってしまうので、非常に不便ですよ。
 

審査レベルが低い消費者金融に申し込もう

当たりまえのことですが、
審査レベルが高い消費者金融は、
審査落ちしてしまう人も多くいます。

確実に消費者金融の審査に通りたいのであれば、
審査レベルの低い、消費者金融に申し込みましょう。
1番安全なのが、中小の消費者金融です。

中でも、街金と言われている小規模の消費者金融が、
1番レベルの低い、審査となります。

お金がなくて困っている人でも、
キャッシング審査に、通る可能性が期待できますよ。

いかがでしたでしょうか。

お金がなく、キャッシング審査に絶対に通りたい場合は、
これらのポイントを踏まえて、申し込むようにしましょう。

絶対失敗しないようにして、確実にキャッシングを受けましょう。
 
▲メニューに戻る
 
 

お金がない!キャッシングしたい人向けの消費者金融選び方のコツ

消費者金融からお金を借りたいと思っても、
色んな消費者金融があるので、迷ってしまいますよね。

そこで、お金がなくキャッシングしたい人に、
オススメの消費者金融のポイントを、ご紹介します。
 

消費者金融の選び方は自分へのメリットで選ぼう

消費者金融というのは、世の中にたくさんあります。
全国の消費者金融全て合わせると、2000社ほどあるそうです。

こんなに多く消費者金融があるのであれば、
どこに目を付けて選べばいいのか、迷ってしまいますよね。

そこで目を向けてほしいポイントといえば、
自分に1番メリットがある、消費者金融を選ぶことです。

自分はどの部分に便利な消費者金融がいいと思うのかを、
考えて選ぶと、納得できる理想の、消費者金融に出会うことができますよ。
 
 

オススメの消費者金融のポイント

消費者金融には、様々な特徴やポイントがあります。
その中でも、このようなポイントに目を向けてほしいという部分を、
ピックアップしてご紹介します。
 

小規模の消費者金融

消費者金融には様々な規模があり、大手、中堅、小規模とあります。
この中で1番審査が甘めなのが、小規模の消費者金融となります。

地元密着で、地元に住んでいる人や働いている人であれば、
審査を優遇してくれる傾向があります。

また、規模が小さく有名ではないので、
審査レベルを低くして、対応してくれる消費者金融が多くあります。

絶対に融資を受けたい場合は、オススメの消費者金融ですよ。
 

無金利サービスがある消費者金融

消費者金融の中には、30日間金利0などの、
無金利期間を設定している、
サービスを行っている消費者金融も多くあります。

30日間に返済できる目途があれば、
金利は、0円でのご利用とすることができますよ。

無利息期間を設定している消費者金融は、
審査が甘めの傾向もありますので、オススメです。
 
 

自動契約機を持っている消費者金融

自動契約機を持っている消費者金融は、
比較的申し込みや契約の手続きがスムーズに進む傾向があり、
素早い融資に、繋げることができます。

自動契約機を持っている消費者金融は、
近くにATMも備えていることが多く、その場合は、
即日融資になりやすくて便利です。

すぐにお金が必要で契約したい時は、
自動契約機を持っている、消費者金融がオススメですよ。
 

提携ATMを持っている消費者金融

お金がなくてキャッシングをしたい時って、
急な用入りや生活費など、
ごく普通にお金が必要になってしまうことってあると思います。

お給料日までちょっと厳しくて困ったなという時、
提携ATMがある消費者金融は、大変便利にご利用ができますよ。

セブン銀行などのコンビニATMと提携している消費者金融は、
コンビニATMで、融資や返済をすることもできます。

コンビニATMなら全国どこにでもあるので、
旅行や出張の際も、便利にご利用ができますよ。

どこにいても、緊急でお金が足りなく、
困った時に、助けてもらえるので便利です。
 
 

即日融資の消費者金融

すぐにお金を手にしたいのであれば、
即日融資の消費者金融が、オススメとなります。

消費者金融の中には、即日融資可能の消費者金融も多くあり、
申し込みの時間にもよりますが、即日融資に繋げることができます。

急いでお金を工面したい人は、
即日融資可の消費者金融に、目を向けてみましょう。
 

金利が高い消費者金融を選ぼう

金利が高い消費者金融は、審査が甘めです。
そのため、審査に通りやすい傾向があります。

絶対に審査に通りたい人は、
金利が高い、消費者金融に申し込むといいですよ。

金利は高くなってしまいますが、審査通過率は高くなります。

融資希望金額がそれほど多くない人に、オススメといえます。
 
 

評判の高い消費者金融

どんな魅力よりも評判の高さが気になる人は、
評判の高い消費者金融を、選ぶようにしましょう。

消費者金融というのは、インターネット上に多くの情報があります。

クチコミ評判も多くあるので、すぐに口コミ評判を掴むことができますよ。
クチコミ評判は消費者金融を使った人の正直な声なので、
どのような、消費者金融なのかが理解できますよ。
 

返済のしやすい消費者金融

キャッシングの際は、返済というのを忘れてしまいがちですが、
消費者金融は、返済方法もまちまちです。

銀行引き落としをしてくれる業者もあれば、
消費者金融の指定の口座に、振り込みをして、
返済しないといけない、消費者金融もあります。

返済のしやすさというのは非常に重要なので、
楽に返済できる消費者金融が、理想です。

意外と盲点になりがちな部分ですが、
しっかり、把握しておくことが大事となります。
 

金利の形態

これも盲点になりがちですが、
金利の設定は、各消費者金融によって異なる場合があります。

月単位の金利の計算の消費者金融もあれば、
日割り計算の、消費者金融の場合もあります。

日割り計算の金利は不利に思えるかもしれませんが、
有利に働くこともあります。
それは、短期間で返済する場合です。

短期間で返済する場合の日割りの金利は、
銀行のカードローンの金利より、低くなることもあります。

返済の仕方によって金利の影響は大きくかわるので、
じっくり計算して、確かめて決めるといいですよ。

いかがでしたでしょうか。

お金がなくてキャッシングしたい人は、
焦って、貸金業者を探してしまう傾向があります。

しかし、急がず冷静な目で消費者金融を分析して、
自分の理想に似合った、消費者金融をご利用するようにしましょう。

どのような消費者金融が、いいのかは好みですので、
じっくり考えて自分にあった、消費者金融を選びましょう。
 
▲メニューに戻る
 
 

アルバイトでお金がない!利用できるキャッシングは?

アルバイトの人でも、融資を受けたいことありますよね。

でも、アルバイトというのは、不安定な職業と判断されてしまい、
キャッシングの審査に、通りにくい傾向があります。

アルバイトの人でも審査に通るキャッシングとは、
どのようなものなのか、ご紹介していきます。
 

アルバイトでお金ないない人はキャッシングできないの?

アルバイトの人でも、キャッシングはできます。
しかし、属性やや債務性が良い人に限ります。

アルバイトの人でもあっても、
しっかりと働いていて収入が安定していれば、審査の対象となります。

アルバイトの人でも、半年以上働いていれば、
審査の対象としてくれる、消費者金融が多くあります。

そのため、アルバイトだから、
キャッシングができないということはありません。
 
 

アルバイトの人にオススメの消費者金融とは

アルバイトの人にオススメの消費者金融は、中小の消費者金融です。

大手でも審査に通ることも十分に考えられますが、
年収100万円程度の主婦のパートのような感じであれば、
審査が厳しくなってしまうことがあります。

そのため確実なのは、中小の消費者金融です。

大手の消費者金融は経った4社しかありませんが、
中小の消費者金融は、全国2,000社ほどあります。

そのため、アルバイトの人でも、
様々な消費者金融の審査に、チャレンジすることはできますよ。
 

アルバイトの人の審査の注意点

アルバイトの人は、このような点に注意して、
審査を受けるようにしましょう。
 

在籍確認が取れるようにする

アルバイトの人でよくあることといえば、
職場での在籍確認が、取れないことです。

大きい工場などの、多くの職員と一緒に仕事をしているアルバイトの人は、
なかなか個人として、把握されていない傾向があります。

そのため、勤務先に在籍確認の電話をかけても、
在籍しているのかどうなのか、わからない場合があります。

在籍確認が取れないと、審査の対象とはならないので、
審査落ちとなってしまいます。

アルバイトの人が消費者金融の審査に通るためには、
必ず、在籍確認が取れるようにしておきましょう。

在籍確認が来るということを、
会社の電話を取る担当者の人に、あらかじめ話しておきましょう。

その時は正直に、キャッシュカードの審査とは言わず、
クレジットカードの審査の、
在籍確認と伝えておくといいですよ。

クレジットカードなら大人であれば誰でも持っているので、
在籍確認の電話が、不審がられませんよ。
 
 

キャッシング希望額を低めに

アルバイトの人は正社員の人よりも、
収入が少なく不安定ですので、多くのキャッシング希望額は望めません。
そのため、少ない希望額で申し込むことが大事となります。

アルバイトの人で、消費者金融の審査に落ちてしまう人の中には、
収入とつり合いが取れていないキャッシング希望額で、
申し込んでしまうことです。

収入が少ないのに、多くのキャッシングを申し込むと、
審査落ちとなってしまいます。

10万円程度の希望キャッシング額とし、
その後増額申請で、希望融資額を上げるようにしましょう。

審査に通ることが大事ですので、
申し込みの際は、控えめに申し込むことが大事となります。
 

アルバイト先に勤めてすぐには申し込まない

アルバイトをしている人は、
比較的に、勤務先を変える傾向があります。

勤めてすぐの人は、返済能力はないとみなされ、
審査に通りにくい傾向があります。

今のアルバイトになって半年以内の場合は、
勤務して半年経過後に、
キャッシングの申し込みをするようにしましょう。

気になる場合は、消費者金融会社に問い合わせて、
何カ月以上の勤務なら問題ないのかを、
問い合わせてみるといいですよ。
 
 

スマホ料金の延滞を改善する

アルバイトの人に多いのが、
携帯電話の支払いを、滞納していることです。

携帯電話はクレジットカードでの返済を行っている人も多く、
クレジットカードでの支払い延滞してしまった場合は、
個人信用情報に、傷がついてしまいます。

その場合はキャッシングの延滞と、
同じ扱いになってしまい、延滞しているので、
審査に通らなくなってしまいます。

携帯電話の毎月の使用料を滞納している場合は、
滞納を改善してからキャッシングの、申し込みを行うようにしましょう。
 

学生は借入れできないこともある

キャッシングは20歳以上が対象ですが、
20歳以上でも、学生の人もいますよね。

学生の場合は、その消費者金融によって、
ご利用できない場合があります。

大学生や大学院生などの学生がキャッシングをしたい場合は、
学生でも可能の、消費者金融のご利用を検討します。

気になる場合は、消費者金融に、
電話をかけて問い合わせてみるといいですよ。

中には、学生でも貸付可能な、
消費者金融も多くありますよ。

いかがでしたでしょうか。
アルバイトでも、キャッシングはできます。

アルバイトは不安定な職業とみなされてしまいますが、
融資限度額は少なくなってしまいますが、
融資の対象となる場合が多くあります。

返済能力さえ評価されれば審査の対象となるので、
気にせず、キャッシングの申し込みをしてみましょう。
 
▲メニューに戻る